セラミックの歯科治療とは?

虫歯治療としてのセラミック

虫歯治療では、従来の銀歯やプラスチックに代替してセラミックが使われていることが多いです。
そのため、治療方法としては、まず虫歯の部位を削るなどして取り除き、その部分にセラミックで詰め物やかぶせ物をします。
治療をした穴にぴったりと埋まるようにかたどりをして、セラミックの部位を作ります。
銀歯などの場合は、かたどりから完成までに数日かかりますが、セレックというセラミックをかたどる専用の機械がある歯科医院ならば、当日中に治療を終えることができます。
ただ、極力正確に作っても、穴の形と全く同じに作るのは困難です。
しかし、銀歯と比べてセラミックは歯と密着させやすい性質がありますので、虫歯のあった部分とセラミックの隙間が少なくなります。
これは、虫歯の再発を予防することに繋がります。

審美資料としてのセラミック

審美歯科としてセラミックが用いられる目的は主に二つあります。
一つはホワイトニング、歯を白く見せるための治療です。
経年による色素沈着や、虫歯の治療後、歯の神経のダメージなどにより、歯の色はくすんだり黒ずんだりします。
この場合は、セラミックでかぶせ物を作って、歯にかぶせます。
セラミックは汚れにくいという特徴もあるため、歯の白さを維持したい場合にはとても適した性質でもあります。

もう一つは歯科矯正として用いられます。
歯並びが気になる場合は、矯正器具などを使用して歯科矯正することが主流ですが、セラミックを使った歯科矯正方法もあります。
元ある歯の不要な部分、例えば飛び出ている歯や極端に歯並びの悪い歯を削って、その上から全体にセラミックで作ったかぶせ物をかぶせます。
通常の歯科矯正よりも短期間で治療を終えられることが多いです。


シェアする

B!