セラミックの治療でかかるお金

セラミックの素材による1本の金額の違い

オールセラミックは、全てがセラミックでできていて、自然な風合いを出すことができる素材です。
値段は10万から12万円程度です。
ジルコニアセラミックは、内側の素材がジルコニアという人工ダイアモンドでできていて、オールセラミックと比べて強度が高くなっています。
すべてがセラミックでない分、値段は抑えられて9万から11万円程度です。
フルジルコニアは、外側と内側両方の素材がジルコニアでできていて、非常に強度が高いです。
値段は7万円前後です。
メタルセラミックは、金属の上にセラミックを焼き付けて制作されており、金属を通すため透明感は減りますが、オールセラミックと比べると強度が強いです。
値段は9万から13万円程度です。
ニケイ酸リチウムガラスセラミックは耐久性があり柔らかく、透明感もありますが、長く使っていると歯の変色が起こる場合のある素材です。
こちらは比較的安価で、6万から8万円程度です。

金額の違う理由

素材による金額の違いは、その素材の純粋さにあります。
純度100%のセラミックでできたかぶせ物は高いです。
また、使用している素材自体の値段にも左右されるため、金属や陶器を用いていないニケイ酸リチウムガラスセラミックは比較的安価になります。
ただし、高ければよいという訳ではなく、それぞれの素材によって出せる風合いや強度が異なります。
例えば、オールセラミックの場合ほとんど自分の歯と同じような風合いが出せますが、素材が陶器であるため非常にもろいです。
反対に、オールジルコニアなどは人工ダイアモンドでできているため非常に強度が高いですが、その強度ゆえに元ある歯を傷つけやすいという欠点もあります。
そのため、セラミック治療を受ける歯に合わせて、風合いや強度が適切な素材を選べるよう、歯科医と相談しながら治療を進めていきます。


シェアする

B!